総合学科は、普通科や専門学科という枠を超えた新しい学科です。生徒の個性を活かした主体的な学習を通して、学ぶことの楽しさや成就感を味わい、将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深めることができます。

✔ 自分の進路希望に合わせた
授業選択が可能

 総合学科には数多くの選択授業があります。自分の興味関心や進路希望に合わせて科目を自由に選択できることが最大の総合学科のメリットです。各学校では色々な生徒の多様な進路希望に合わせた柔軟なカリキュラムを用意しています。

✔ 総合学科ならではの充実した設備

 コンピュータルーム、プレゼンテーションルームなど、各学校には特色のある設備を準備しています。語学実習室にトレーニング室など、充実した設備で総合学科ならではの授業が展開されます。

✔ 少人数制の授業

 数学や英語、情報の実習や課題研究、選択授業など少人数に分かれる授業が多いため、ひとりひとりきめ細かな指導を受けることができます。

✔「産業社会と人間」の授業

 地元の企業見学や社会人の方を講師としてお招きし、講義を受けたり授業をしていただいたりする総合学科ならではの科目があります。職業観の育成や進路に関する学習をすることで、自分の高校生活をより充実したものにすることができます。


系列について

 総合学科には「系列」が設置されています。この系列というものは、学科やコースと異なります。系列は、科目を選択するときの目安になるグループのようなもので、自分の進路に進む場合に必要と考えられる科目が用意されています。
 自分の進路実現のために、どの系列を選択し、どのような授業・学習が必要かを考えながら、必要な科目を中心に科目選択を行います。

写真:西陵高校
介護福祉系列の実習


総合学科の授業について

 総合学科では、普通教育と専門教育をもとに、学校によっては次のような特徴のある選択授業が用意されています。

  総合学科の中には、100以上の科目を設置している学校もあります。数多くの科目の中から自分の適性、進路希望、興味・関心に合わせて科目を選び、自分だけの時間割を作ることができます。

写真:蒲郡高校 
産業社会と人間で科目選択ガイダンス


こんな生徒を募集しています

 総合学科は、次のような中学生のみなさんに適している学校です。

写真:岡崎東高校
体育大会応援合戦